2014年09月13日

明治の刺繍絵画名品集

清水三年坂美術館コレクション

〈絢爛にして華麗、繊細にして優美 明治に花開いた日本刺繍の最高峰がここに〉
〈日本画? 油絵? 3D画像? いえいえ、どれも刺繍です〉

海外では「日本人は手先が器用」と昔から言われていますが、その定評は明治期に輸出され超絶技巧の限りを尽くした日本の工芸品から生まれたのかもしれません。重要な輸出品であった刺繍絵画は、思わず触れてみたくなるほど写実的で、人間の手 によるものとは思えないほど精緻な刺繍でうめつくされた上品で優雅なもの。日本画の重鎮が下絵を描き、熟練の職人が腕をふるった刺繍絵画は海外で高い評価を得ていましたが、日本では近年までかえりみられることはありませんでした。本書では近代日本工芸のコレクションで知られる清水三年坂美術館が収蔵する全ての刺繍絵画作品を一挙にご紹介しています。

【目次】(「BOOK」データベースより)
刺繍絵画/天鵞絨友禅/刺繍絵画をささえる技法/明治の刺繍(松原史)


楽天ブックス
明治の刺繍絵画名品集 [ 村田理如 ]

価格:3,240円
(2014/9/13 23:31時点)


Amazon
明治の刺繍絵画 名品集: 清水三年坂美術館コレクション

新品価格
¥3,240から
(2014/9/13 23:32時点)



ラベル:刺繍絵画
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。