2014年09月07日

糸と針BOOK

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
縫う、刺す、接ぐ、そして繍る…。この手仕事からどれほど豊かな表現が生まれたことか。暮しを潤し、人の心を温めてきたことか。美しい手縫いの仕事を、日本やアジアの国々から集めた。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 糸の華、満開(一幅の画を繍る、「日本刺繍」の粋/寒さをしのぐ北国の緻密、「こぎんゃ菱刺し…」/瀧澤久仁子が出会った「アジアの洗練」)
第2章 母の手ー人の一生と針仕事(健やかな成長を願う吉祥文の「産着」/家族のために針を運ぶ、「仕事着と暮しの道具」/邪を遠ざける「アジアの母さんの願いごと」)
第3章 布の往生(布の生命のゆきつくところー雑巾/少しでも温かくと、ひたすらに針刺し繕うー夜着と布団皮/ぼろきれに仏心を宿すー糞掃衣 ほか)


糸と針BOOK [ 文化出版局 ]

価格:2,484円
(2014/9/7 10:23時点)


糸と針BOOK

新品価格
¥2,484から
(2014/9/7 10:24時点)



posted by Tsu at 10:27| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。