2013年10月17日

ラトビアの手編みミトン

色鮮やかな編み込み模様を楽しむ

スカンジナビア半島の南、バルト海を臨む森と湖の国・ラトビア。バルト三国のひとつであるこの国には、伝統工芸として受け継がれている愛らしい編み込み柄のミトンがあります。
極細の毛糸で編まれた模様は地方によって異なり、それらの模様が持つ意味も様々です。本書ではラトビアのミトンの歴史や伝統柄、繊細な配色、技法を紹介し、自分の手でミトンを編む楽しみをお伝えします。現地のニットショップやラトビアの手仕事にふれる民芸市、貴重な博物館の所蔵品も紹介。伝統のミトンを伝承する人々の横顔や素朴で美しいラトビアの暮らしぶり、首都のリガ散策などの情報も満喫できる1冊です。
ミトン20点のパターンを掲載。
 1 ラトビアのミトンのはなし
 2 ラトビアのミトンを編む
 3 森の中の民芸市
 4 作り手を訪ねて
 5 ラトビアの花柄ミトン
 6 ミュージアムコレクション
 7 リガ旧市街散策
a_blt007.gif 楽天ブックスはこちらからどうぞ♪
ラトビアの手編みミトン


posted by Tsu at 19:28| 手編み(こもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。