2013年07月29日

工藝の道


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
伊賀の種壷、朝鮮の飯鉢、下手物にこそ美が存する。宗教学者から民藝研究家に転じた柳宗悦は、工藝美を提唱、全く新しい美の世界を切り拓き、衆目を驚かせた。健康の美、無心の美、他力の美、恩寵の美。工藝は奉仕の道、工藝において衆生は救いの世界に入る。宗教的表現を鏤め、熱く明快に工藝美を語る本書は、人々に深い感銘と強い衝撃を与えた柳美学出発の書である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
工藝の美/正しき工藝/誤れる工藝/来るべき工藝(工藝の基礎/工藝と個人作家/工藝と協団)/工藝美論の先駆者について
a_blt007.gif 楽天ブックスはこちらからどうぞ♪
【送料無料】工藝の道 [ 柳宗悦 ]



ラベル:柳宗悦
posted by Tsu at 08:32| 伝統工芸・手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。